Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 パソコンとの衝撃の初対面後、次のパソコンとの対面は翌年の元旦になります。そのころ、周りではメンコ、ガンプラに続いてLSIゲームが流行し始めまして、液晶画面を使ったものと、発光する画面のと大きく2種類ありました。
 その中で私が始めて手にしたのは、「パクパクマン」というパックマンのゲームでした。あと名前ははっきり覚えていませんが、確か「スクランブル」だとおもいますが、4面か5面の横スクロールのシューティングゲームです。
 そんな中友達の中で流行の中心となったゲームが出てきました。任天堂の「ゲームウォッチ」です。時計機能もありましたが、時計機能で使ってる友達なんかまったく無し。ゲームがいっぱい出ていたので、たくさん持っている人が人気者でした。私は結局自身で所有することはありませんでした。
 友達の持っていた数多くのタイトル。その中で、大タコの足をすり抜け海底の宝を持ち帰る「オクトパス」、「パラシュート」、救急車に担架で運ぶ3種類が好きでした。
 あと「ドンキーコング」については画面が2つあって、形はいわゆる「nintendoDS」です。だからDSが発売されたときドンキーコングを思い出しました。
 任天堂製以外では、「天国と地獄」「エアポート」なんかが面白かったかな。
 今では面白いとは思わないかもしれないですが、当時はおもいっきりハマったものです。
 そんなこんなで、しばらくテレビの前に釘付けになる日々までの間はこのLSIゲームたちに夢中でした。まだ外で子供がいろいろな遊びができたころの話です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wisder.blog73.fc2.com/tb.php/8-df6c6f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。