Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自由設計で建てる「デザイーナーズマンションダンジョン

第10回「クロニクル オブ ダンジョンメーカー」

 

*** ダンジョンを造るゲームの歴史 ***

 過去プレイヤー側が悪の側に立ち、ダンジョンや建物を設計作成し、そこに敵(冒険者)を呼び込み倒していくというゲームはいくつかありました。直接は関係ないのですが「ウィザードリィ4」で、自分が迷宮の大ボスの立場という設定がこのダンジョン経営ゲームというジャンルの大元のヒントなのかなと思います。

国内ではあまり有名にはなりませんでしたが、PC98の時代に既にソフトプランの「キングスダンジョンというゲームが既に存在していましたし、国外ではその後しばらくしてキングスダンジョンに良く似ていますが「ダンジョンキーパー」という有名作があります。また、類似作としては、テクモのプレイステーション用ソフト「刻命館」も館にやってきた冒険者等(エサ)をトラップで捕獲していくというものでした。

最近では、2004年にWindowsでゾンビヴァイタルという知名度の高いダンジョンを作り上げるダンジョン経営ゲームが人気になりました。(DL販売なのでお店や通販では売ってません。名作なのでこちらで→後日詳しく紹介します。)

 そして、今回同ジャンルのゲームとしてPSP(プレイステーションポータブル)でタイトーから発売された「クロニクル オブ ダンジョンメーカー」が発売されましたのでこのソフトを紹介したいと思います。

 

*** どんなゲームなのか? ***

 今回「クロニクルオブダンジョンメーカー」でプレイヤーが担当するのは「悪」の側ではなく、町の土地にダンジョンを建設していくというダンジョンメーカーの男性を操作します。モンスターが住みやすく喜ばれるダンジョンを設計して建設し、そこに住み着いたモンスターを狩っていき、最終的には魔界の大物を呼び込み(居住してもらい)狩るのが目的となります。(建設して住んでもらうまではシムシティみたいなイメージですね。)

ジャンル的におおきなくくりとしてはRPGですが、戦闘時はアクション、ダンジョン作成時はシミュレーションっぽい感じです。


 ゲームのパートは大きく2つに分かれています。

1.町での行動(非リアルタイム)

  町にはいろいろな施設があります。城、武器防具屋、魔法販売店といったおなじみの建物に、手に入れたアイテムや倒した敵を見ることのできる博物館、自宅もこの町に存在しています。   このゲーム特有の施設として「建材店」の存在があります。この建材店でダンジョンを作成する際のチップや内装や壁紙を変更する材料を販売しています。建材店で購入した材料を使って、町外れにあるダンジョンを自分の好きなように自由設計していくわけです。

自宅では倉庫でアイテム管理をするほかに、食事と睡眠があります。このゲームのプレイヤーにはレベル(経験値獲得によるレベルアップ)という概念はありません。倒した敵の数で城から称号をもらえますが、直接的には食事によってプレイヤーのパラメーターを上げていくことになります。これを毎日繰り返していくことでだんだんパラメーターが上がっていきます。

食事にはいくつかのメニューがあり、最初のうちは少ししかメニューが用意されていないものの、人に教えてもらったりしてメニューを増やしていきます。メニューには材料が必要で、町で購入できるものと、ダンジョン内で狩った獲物が材料になります。獲物を材料に組み込むとパラメーターの上がりがよくなります。食事は1日1回のみできます。

睡眠はこのゲームで時間を経過させることのできる唯一のコマンドです。1日に行うことを終えたら睡眠をして体力を回復し、次の日に進むことができます。セーブもこのときに行えます。

 

2.ダンジョンでの行動(アクションパート)

  初めてダンジョンに入ったときには、スタート地点以外何もありません。自分でダンジョンを作成していかないといけません。ダンジョンには敵もいないので、最初に少しの材料を持っているので、少しの通路、部屋を作成して1日目は終了します。

 すると、2日目から少しずつモンスターが住み着いてきます。モンスターとの戦いはアクションです。そんなに難しい操作ではなく、物理攻撃なら○(特殊攻撃△)、投射攻撃は×、魔法はR+△と非常にシンプルです。ただ武器によって特殊効果があったり、攻撃速度、効果範囲が多彩で考えて戦わないとすぐHPを削がれてしまいます。また戦闘時の効果を高める「根付」とよばれる装備品があって、敵の落とした特定のアイテムを使って強化していく楽しみもあります。

ダンジョンは行き止まりで△ボタンを押して、好きなチップを置いて好きなようにマップを作っていきます。直線、三又、4方交差、大部屋等…。作った通路や部屋には飾り付けをして、モンスターに住み着いてもらいやすくしておきます。

プレイヤーは、この住み着いたモンスターを狩っていき、お金やアイテムを取得していき、町で不要なアイテムを売って所持金を増やし、建材店で資材を購入して、ダンジョンを広げていくことを繰り返していきます。

 

3.サブイベント

 このゲームでは町の人からいろいろ頼まれることがあります。あるモンスターを倒して欲しいとかアイテムを取ってきてくれだとかというクエストがあります。最初のうちのクエストはルールの説明を兼ねています。(説明は説教じみておらず、またあそこに行けとかというお使いイベントでもないです。実際自分でいろいろ試さないとクエストは達成できないので自然にルールを覚えることができると思います。)

 

4.友達の作ったダンジョンを交換できる。

 マップ上には遺跡があり、友達の作った自慢のダンジョンをもらうことができます。

 

PSPを持っているならぜひプレイしてもらいたいタイトルです。

あなたはモンスターに気に入られるダンジョンを作り上げることができるでしょうか?

ぜひ挑戦してみてください。


Wisderこれにハマリすぎて腱鞘炎になってしまい、2週間ブログ更新できませんでした。

追記:このゲームに続編が発売されることに!ハードはPSPです!









クロニクル オブ ダンジョンメーカーII クロニクル オブ ダンジョンメーカーII
Sony PSP (2007/12/06)
グローバル・A・エンタテインメント

amazonこの商品の詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wisder.blog73.fc2.com/tb.php/58-51745514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。