Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KORG M01  KORG DS-10 で
今まで作曲公開した19曲をまとめてみました
2010-2011年版

 こんにちは。Wisderです^^
 とある方から、通勤中に私の曲を聞いているとメッセージをいただき、うれしい限りです。そんな私も自作曲を通勤中に聴いてます。曲解説のリクエストもありましたので、2010年から今までにNintendo DSの作曲ツールで作った曲を、時系列順にまとめてみることにしました。中には佐野電磁さんに紹介していただいた曲などもあります。
 私は基本、ストーリーや背景を先にイメージしてから作曲するスタイルです。ここではそんな内容をなるべく書いておきたいなと思います。



 こちらでは、私がNintendo DSと音楽ツールソフト(KORG DS-10、KORG M01)を使用して作曲・編曲した曲を、発表順に紹介・雑記していきます。
 新曲を作るたびに更新しますので、このリンクをブックマークしていただければ幸いです。
http://wisder.blog73.fc2.com/blog-entry-486.html

 こんな私でも、楽譜なしで簡単に作曲できてしまう、素晴らしいツールです。
 夏休みの自由研究に、是非挑戦されてみてはいかがでしょうか?
それではどうぞ。


KORG DS-10

 NintendoDS でここまで出来るのかというシーケンサー付きのシンセサイザー。
 音作りから曲作りまでこの1台で完結!



1.迷い無き兵士の戦い(A soldier without the hesitation)
http://www.youtube.com/watch?v=Wda9sbGq97c

使用ソフト:KORG DS-10+(SingleMode)
ジャンル:Techno
発表年:2010年
 
 KORG DS-10+で2曲アレンジした後に挑戦した、3曲目。また初めてのDSでの自作曲です。
 制作時間は4時間程度。基本パターン1時間。応用パターン2時間、ソング組み立てで1時間です。
 DSのシンセサイザー KORG DS-10+で作曲した3曲目です。DS-10が最も得意とするジャンルは、自然に作れるこのテクノ系なのかなと。DS-10の機能、カオスパッドの練習として作ったオリジナル曲です。演奏時は完全にシーケンサー任せでリアルタイムに手は加えてません。このとき、カオスパッドの面白さに目覚めた感じです。
 イメージが戦場なので、作り込む前の雑っとした感じを残したいので、仕上げ時間は少なめにして完成しました。
 架空の機動歩兵同士のスピーディーな戦いを想像しながら聞いてみてください。機械のモーター音、作動音が響き渡る。場面もめまぐるしく変わる。そんな情景です。ギアが擦れるようないくつかの音色も自作しました。

●設定
 作曲当時、PSPのカルネージハートエクサをプレイしていて、これのリプレイに合うような曲をと思い作りました。題名の「迷い無き兵士」はOKEと呼ばれる無人兵器をイメージしています。また、裏話として、東京ディズニーランドの開演前の行列待ちの際に作ってたので、仮題はたまたま「TDL Killer」でした。今も元ファイル名はこのままです。

 










2.The whisky to one hand (Bartender)
http://www.youtube.com/watch?v=OGvPhWU-jVM

使用ソフト:KORG DS-10+(SingleMode)
ジャンル:Techno
発表年:2010年

 ロック、ブルース系の曲を作りたいと思って…いた訳ではなく、クリスマスの曲を作っていたら、その中のリフの一つがかっこよくて、いつの間にかバーテンダーの曲になってましたw;肉じゃがを作っていたら、カレーライスになった感じ?
 KORG DS-10のおもしろいのは、曲中に音を容易に左右に振れることです。この曲では、バーテンダーさんがシェイカーを振っているときの氷の音を左右振りで、表現してみました。
 今回は曲に揺らぎを作りたかったので、【SWING】を使ってみました。



3.  『Siren(サイレン)』
http://www.youtube.com/watch?v=xR9CwVZ3sLA

使用ソフト:KORG DS-10+(SingleMode)
ジャンル:Techno
発表年:2010年

 筆者本人が、実際に夢でみたサイレンの音と&ストーリーを曲にしてみました。という曲。 曲の完成にはヨナオケイシさんの人口声音の技術が必要ということで裏技をお借りしました。
 ストーリー性を持たせた曲の流れをおおざっぱにいうとこんな感じになっています。(詳細なストーリーはYouTubeに掲載しています。)
 静寂→警報→モンスターがやってきた→騒乱→静寂



KORG M01

 2010(平成22)年12月に、株式会社DETUNEさんからKORG M01が発売!早速amazonで購入(amazon専売)しました。まずはKORG M01の操作やクセ、出来ることと出来ないことを把握するために、試行錯誤しながら、作ってみました。また、聞きやすさに気をつけてみました。




4.「the Magic World of the Charm (KORG M01)」
http://www.youtube.com/watch?v=4fKp_lFvptc

株式会社DETUNE 佐野電磁様に紹介していただきました!ありがとうございます。
http://www.facebook.com/pages/KORG-M01-本日はこの曲/127862163965453
(2011/8/19追記)

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Acid Jazz
発表年:2010年

 KORG M01でアシッドジャズみたいなのも作れるかな。と挑戦してみた記念すべき【KORG M01】第1作目。曲調的に4拍子か7拍子どちらもいけそうかなと迷いましたが、まだ慣れない操作だったので4拍子にしました。
 アルトサックスのメロディーパートはカオスで、生演奏。弾いている感を出しました。
 DS-10とは勝手が違うので難しかったです。制作時間は2010年のクリスマスの後から、4日程度。全部電車に乗りながら作っていました。モバイルならではの作り方を満喫です。
 EXの1つの音色(EPChord)がおもしろくて、そこからモチーフを作り、広げていきました。今回は、BPM=121で、ABCBAという流れなんですが、Cをブリッジにして突然転調したりしてます。魔法世界を旅して一瞬で場面が変わる感じをご想像ください。
 DS10で作った曲が大体BPM140~160なので、テンポが遅く、感じが違うと思いますが、DS-10と違い、サンプリング音が得意なM01なので、サックスを主体にちょっと大人の雰囲気にはできたかなと。
 個人的にM01ってこんな曲でも簡単に作れるのか!と感動しました。思い出の1曲です。







5.Aerial(エアリアル)
http://www.youtube.com/watch?v=TvLEm8gqmNg

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年
 
 Aerial。題名の意味は、エアリアル=空中技です。
 スキーやスノーボードで流れるBGMってなんでパンクやヒップホップ系というイメージなの!?ビートかましたBGMも入れてよーということで、スキーのカービングやエアリアルなどのエアートリックをイメージして作りました。カービングでの高速滑走、ジャンプやハーフパイプでのエアリアル(空中技)の場面を想像しながらお聞きいただければ幸いです。曲の流れは滑る前の精神集中(7拍子)~滑走(4拍子)~滑走終了(7拍子)までを表現した 変拍子曲です。
 KORG M01を使用しての2曲目となります。制作場所は微調整を除き、全てスキー場の車内です。制作時間は6時間ほど。残りメモリは2%;最小限の音色にしてますが、まだ贅沢に使いすぎかな?
 KORG DS-10の作り方(パターン繋ぎ合わせ)でKORG M01で曲を作りました。そのため前回のMagicとは全く方向性が逆の曲調になりました。

 またKORG M01なら変拍子も楽々ということで、冒頭と最後に7拍子を織り交ぜてみました。バスドラ4拍刻むダンス系で7拍刻みは正しいか分からないですが、やりたかったんです^^;
 7拍部分は、これからの滑りをイメージして精神集中の場面。(テンポもあえて不安定にしています。)
 7拍から4拍に変わった瞬間迷いは無くなり、高速滑走開始!疾走します。
 途中のピアノパートでは空中を舞いやコブやハーフパイプで飛んでる感じです。
 7拍に戻ったときには滑走は終了しましたが、心臓はまだバクバクいってます。なので冒頭の7拍よりテンポは大分早いです。
 お気に入りの音色Minor7Organを多用しています。





6.XX.Last Judgement
http://www.youtube.com/watch?v=8xoRyC-T4kY 

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Dance
発表年:2011年

 タロットカード「審判」+黙示録の「ラッパを吹く7人の天使」を合わせたイメージ。7人なので7拍子。という訳ではないですが、終始7拍子でダンスビート刻める曲を作れるか?を目標で作りました。全編7拍子なんだけど7拍と感じない作り方ができたかなと思います。
 32小節分のメロディーパートがあったんですが、流れを切るため全て削除しました。残った間奏パートで仕上げました。結果良かった感じです。

 天使と悪魔が戦いを繰り広げています。果たして勝つのはどちらか…曲の最終コードで私なりの結論をつけました。どう解釈いただいても結構です。







7.『A Night Cruise(ナイトクルーズ)』
http://www.youtube.com/watch?v=Lv-4Np15lsE 

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年

NINTENDO DS使用で9曲目(KORG M01では4曲目)

 KORG DS-10で作る曲をKORGM01で作ってみたら…そんな感じの曲です。少ない音数で作っていたつもりが、いろいろ重ねて残りメモリーは8%
 ベースやバスドラくんがリードしていくので、低音が映えるようなスピーカーで聞いてもらうといいかも。 ハイハットクローズとオープンの定位を逆にしたりしています。
 
 DS-10とM01の違いを把握するために、公開するつもりのない16小節の習作として、Aerialより前から作っていたのですが、いじっていたら、形になってきたので公開しました。
 AパートとBパートの繰り返しをさせる中で、どう5分間最後まで聞いてもらえるか…。
 楽器編成を変えていくラヴェルボレロ方式を使いました^^;







8.Over Take
http://www.youtube.com/watch?v=si_nVpYSXSM

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年
 ベースに4トラック使用して、うち1音色を2トラックLRに分けて立体感を出しました。
 カオス即興弾きしたものなので、あえて修正してません。
お気に召していただければいいのですが・・・





9.Over Take 2.
http://www.youtube.com/watch?v=xv-xrrVEOsE

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年
★2011年1月29日オールナイト☆デチューンの開催を祝して公開!残念ながら私は行けてませんが;

 'NEMOさんの年越し作曲をヒントに、制作時間に1時間(リズムを除く)という制限を設けて、カオス即興で作りました。 今回は、曲全体に荒っぽさを出したかったので、某ハンバーガーショップ内にいる1時間の間にドラムパート以外を即興で完成させて、店内で作った部分は、修正を施さないというコンセプトで制作しました。
ドラムパートはほぼ同じ1時間を要して自宅で作りました。
 一度決定したら修正を行わないスリリングなレコーディングはなかなか楽しいです。
 作り立てホヤホヤ感はだせたんじゃないかなとは思っています。

 初のメモリ残量0%!もう1音も入らないギッチギチです。
 ハイハット(クローズ)なんかは99%削除です。AttackBassという音色でその分の倍音を補えたかなと思います^^;



セルフカバー3部作
 一度テクノ系から離れてみようと思い、高校生の時に作った曲を20年ぶりにセルフアレンジしたのがこの3曲です。KORGM 01はテクノだけではないよと、まだ購入を迷っている方へのアピールにもなるかなという思いもありました。
 当時RPGを作りたくて、8~32小節の曲をいろいろ作ってた時期です。作ってた次の年に、夢を実現できそうなイース系のRPGを作れるツール『Dante2(MSX2)』が発売されました。友人達と割り振りし、私は曲担当に。作った曲のうち『Dante2(MSX2)』で使おうとした曲となります。MSXパソコンの音源はFM音源(FM-Pack)を使ってました。




10.「Volcano」
http://www.youtube.com/watch?v=m94EHSwSDR0

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Hard Rock
制作年:1991年
リメイク年:2011年

 株式会社DETUNE様に紹介していただきました。
2011.5.2 KORG M01 本日はこの曲<超番外編>
http://www.detune.co.jp/blog/?p=2185


 MSX2パソコンのRPGツクール「Dante2」で、自作RPGの火山地帯の場面の曲です。リズムは3連符を刻んでいるのですが、KORG M01での打ち込み方が分からなかったので、佐野電磁さんに教えていただき習得しました。
 メロディーに使用した音色にはポルタメントが無かったため、少しずつずらし重ねことで、擬似ポルタメントを作っています。
 現時点で唯一、PC側でフェードアウト加工で終わらせた曲です。








11.中ボス (An obstacle of the halfway)
http://www.youtube.com/watch?v=RtRn9asq9Fg
アレンジVerのみ


11-2.中ボス (An obstacle of the halfway)
http://www.youtube.com/watch?v=S7AP8QOIhAI
新旧比較Ver

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
制作年:1991年
リメイク年:2011年
 MSX2パソコンのRPGツクール「Dante2」で、自作RPGの中ボスか武器屋の曲として作った曲です。元は8小節+8小節の16小節の短い曲でした。
 今回、当時の音源(FM-PAC)に近い音色で、耳コピし、オリジナルバージョンを作り、そのデータを元に、アレンジバージョンを作りました。
 アレンジバージョンでは、曲の雰囲気を崩さずにカオスを多用してバリエーションを増やしています。







12.★某RPGのオープニングより★
『Opening Part1&2』
  Part1.[A funeral]
  Part2.[Get over sorrow]
http://www.youtube.com/watch?v=uy4U1GVlnQ4

◆◆◆曲紹介◆◆◆
『Opening Part1&2』
 友人(シナリオ担当者)からの要望は、Openingは2曲用意して欲しい。最初が村が襲われた後の場面だから暗い感じで。そのあとは早いテンポに切り替えて、旅立ちをイメージして。さらに後半部分はエンディングにも使いたい。こんな感じだったと思います。
 当時、高校生の私にこんな難題突き付けるかー;。
 試行錯誤しながら、頑張って作ったものの、スケッチができたころには、期末テストと春休みが重なり、プロジェクトが立ち消えになっていましたw;
 20年振りに甦らせてあげました。


◆Opening Part1 [A funeral]
『葬いのとき』
 村の教会の鐘が最初から最後まで曲を支えています。
 オーケストラのアレンジなんか勉強したことないので、俺様編成です。


◆Opening Part2 [Get over sorrow]
『悲しみを乗り越えて…』
 悲しみを抱えながら旅立たなければならない。そんな気持ちをこの曲に託します。私のロック感はこんな感じ。
 エンディングでも使うことを想定して、ループしてもいいような構成を心掛けました。
 今回の移植時には、後半のソロパートの耳コピに苦労しました。



★20年前の手順
①…シーケンサーはYAMAHA QX3、音源はMSXと同じ方式のFM音源のシンセYAMAHA V50を使い、最初のスケッチをします。
②…ここから、MSXパソコンで鳴らすMML言語に変換するため、音を削っていきます。それをMSXにタイプしなおして完了です。

★今回の再現にあたって
 今回は、オープニング用に作った曲です。①のVersionの録音テープを忠実に耳コピして、KORG M01で打ち込みしなおしたしたものです。
 当時を再現するために、基本は変えず、V50の16音同時発音とKORGM01の12音のオーバー部分4音程削減、音色やエフェクトの微調整を行いましたが、なんとV50より良くなりましたw




●最後に…
RPG…完成させてほしかった…;






ここから、また今年作ったオリジナル作品に戻ります。


13.Briefing(ブリーフィング)
http://www.youtube.com/watch?v=2Qwv_dAkKNI

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年
 株式会社DETUNE 佐野"sanodg"電磁さんに紹介していただきました。
2011.7.9 「KORG M01 本日はこの曲」
http://www.facebook.com/pages/KORG-M01-本日はこの曲/127862163965453


 映画やゲームなど、作戦の状況説明が行われている場面をイメージして作りました。
 ベースとドラムで4分打ちに力を込めてます。今までよりエフェトのかかりを弱くして、音色、無音部分のキレを意識しました。





14.-- Workshop ( Werkstatt / 工房 ) --
http://www.youtube.com/watch?v=ntfhuUMsVoU 

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年

 YouTubeで、ヨーロッパからたくさん方の訪問もあり、感謝を込めて、工房を題材にした曲を作ってみました。
 音色としては、M1バンクのPoleで叩く作業、Noiseで、蒸気とかを表しています。制作期間は6日間。
ドイツの緻密な作業を行う、町工場をイメージしました。そんなヨーロッパみたいな感じを感じていただければと思います。 
 13.Briefingと同じく、エフェクトのかかりを弱くして、音色、無音部分のキレを意識しました。ただ、音色によってはたっぷりディレイをかけています。

よろしくお願いします。

Tr1. EX HiResoLead
Tr2. EX SynChord2
Tr3. M1 Pole
Tr4. EX Noise
Tr5.EX AttackBass
Tr6.EX AcidDistBs
Tr7.M1 SynBass3
Tr8.[Drum] EX DDM110Kit





15. -- COMET -- 彗星
http://www.youtube.com/watch?v=sfm8jbq9iqA

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年
 彗星をイメージした曲です。太陽に近づいた時にはキラキラ感を、出しています。太陽から遠ざかっているときは、一転チープな感じで宇宙空間の虚無感を表現しました。宇宙空間の虚無の世界と、彗星の輝きを対比させた様な構成です。
 実際2月に作り始めてから中断して、7月に完成しました。この曲は、サビで音を使いすぎてメモリとの戦いでした。実制作期間は通算2週間位になると思います。
 ベース音は地についていない彗星なので、ズシンと重みのある音色は避けました。曲の一部ではベース音を左右に振っています。 音量バランス、低音域の調整、音の削減に気を使った曲です。よろしければ聴いてみてください。よろしくお願いします
Tr1./ EX BASS [DetuneBass]
Tr2./ 01/W LEAD SYN [Sine]
Tr3./ EX BASS [WobbleBass]
Tr4./ EX HIT [PowerChord]
Tr5./ EX LEAD SYN [SyncLoop]
Tr6./ M1 BASS [SynBass3]
Tr7./ EX BASS [DetuneBass]
Tr8./ EX DRUM KIT [DDM110Kit]






16.Metamorphose(メタモルフォーゼ)
http://www.youtube.com/watch?v=cRU3td1Byes

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年

 思い立ったら吉日という感じで作ったため、なぜか新月の夜に作った狼男の曲。映画などで狼男に変身する過程を想像しながら、お聞きいただければ。
 制作期間は約8時間。内訳は、パターン考えるのに6時間。組立に1時間。微調整に1時間。
 作曲スタイルは、16Stepのパターンを複数作って組合せていくKORG DS-10方式です。 基本4拍ですが、急激に狼の姿に変わっていく部分は、5拍にしました。
メモリ残1%!
 よろしければ聴いてください。お願いします。




17.LaserBeam ★レーザービーム★
http://www.youtube.com/watch?v=fyiisRwZFrI

◆DETUNEの佐野電磁(sanodg)さんに「KORG M01本日はこの曲」にて
ご紹介いただきました!ありがとうございます。
2011/ 8/22
http://www.facebook.com/pages/KORG-M01-本日はこの曲/127862163965453



曲名 [ KORG M01] LaserBeam ★レーザービーム★
使用ソフト:KORG M01(Nintendo DS)
ジャンル:Techno
発表年:2011年
 アトラクション施設や、コンサートで使われる緑色のレーザーによる演出をイメージして作りました。
 最初は1台で点とか線だけを表現していますが、後半からは、複数のレーザーを用いていろいろな絵とか動画も表現しているという設定です。
 4:18秒あたりで、1フレーズだけ過去の作品のメロディを入れました。KORG DS-10で作ったバーテンダーをイメージした曲のワンフレーズです。お酒飲みながら見ているという裏設定を作ってます。








BonusTrack
StudioGIWアレンジ集



A.Killzvald 終焉世界 DS10 TechVer1.00TSX
http://www.youtube.com/watch?v=U1Ke5DAxjCA

使用ソフト:KORG DS-10+(SingleMode)
ジャンル:Techno
発表年:2010年
1曲目 「終焉世界」キルツヴァルドより (C)StudioGIW

 KORG DS-10で初めて作った曲がこちらです。
 元曲は タクティクスRPG Killzvald(キルツヴァルド)~最後の人間~より
オープニングメインテーマの「終焉世界」です。
作曲者は、あのPSPタクティクスオウガのアレンジも担当された、ベイシスケイプの金田充弘さん。金田さんの曲をめちゃくちゃにしてしまった;原型とどめてないっす;
金田さんすいませんm(平謝)m 
 元ネタのゲームの公式サイト Killzvald(キルツヴァルド) 最後の人間
元曲もここから聞けます。

http://www.studiogiw.com/game/kz/




B.VAZIAL SAGA KORG DS-10 Mix Ver.Battle-X2 ヴァジアルサーガ愚民戦略より合戦
http://www.youtube.com/watch?v=_VZ0moGQ8ac

使用ソフト:KORG DS-10+(SingleMode)
ジャンル:Dance
発表年:2010年


「西風小夜曲」ヴァジアルサーガより (C)StudioGIW
 悠さん脚本・岸本周也さん出演のボイスドラマ「非月人オピウコス(ボイスドラマ)」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kougetsu/Studio%20GIW.html
に使用していただきました。
 KORG DS-10で2曲目に作った曲がこちらです。
 『VAZIAL SAGA(ヴァジアルサーガ)~愚民化戦略~』から、合戦で使用されている曲『西風小夜曲(作曲は「しゃな」さん)』をアレンジしました。

 DS-10のSINGLEモード(2音+ドラム4音)にこだわってます。

 今回はDS-10 PLUS購入後2曲目の作品です。制作期間は約6時間。2/3は電車とバスの中でアウトドア的にwあとの1/3はマクドナルドにてw
 おおまかな流れは考えて、あとは触ってみての思い付きで作っていきました。微調整していない感じで作り始めの感情アツアツ感をお出ししてみました。
 今はシーケンサーとしての比重が高いですが、今後はDS-10 PLUSならではの機能を少しづつ覚えていきたいと思っています。

今回は、原曲のイメージや流れを残しつつ作ってみました。DS-10の性能を生かせるような感じで。オリジナルより、ビート感を出してみましたがどうでしょうか…^^;

 今回リードやベースで自作した音色も使ってます。
 また、私の中では今までタブーだと思っていた、ドラムにエフェクターをかけてみたところ、結構いい感じになったのが、新しい発見でした^^

 マニュアルほとんど読まずとも結構形にできたので、やっぱDS-10 PLUSってすごいっす^^
 今日DS-10の解説本が届きました。仕様はこれで学ぶとして…
あとは才能が欲しいっす;

ゲームの公式サイト
VAZIALSAGA(ヴァジアルサーガ)愚民化戦略
体験版が公開されていますので、ゲームの原曲はここから聞けます。
http://www.studiogiw.com/game/vsaga/

サウンドトラックの公式サイト(制作元の意向で全曲無料公開されています。)
「VAZIAL SAGA - Sound Track - ~刻を流れる覇風~」
アレンジ版が公開されています。





C.[KORG M01] ★Zombie Vital 「ゾンビヴァイタル~迷宮の経営者」メインテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=W7NPPFeZB8o

使用ソフト:KORG M01
ジャンル:Techno
発表年:2011年

 PCシミュレーションゲーム「ゾンビヴァイタル~迷宮の経営者」から、メインBGMを、私なりの解釈でアレンジさせていただきました。
オリジナルは↓の実況動画サイト等からお聞きになれます。

 制作元のStudioGIW様から楽曲、動画の使用を快くご了承いただきました。ありがとうございます。

関連動画
ゾンビヴァイタルDeluxe紹介動画
http://www.youtube.com/watch?v=gIY3Kf-Pkfg

【葉月ゆら】ゾンビヴァイタル~プレイレポート
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2117504

【実況プレイ】ZombieVital(ゾンビヴァイタル)~迷宮の経営者~ Part1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8985716


ゲームの制作元 StudioGIW様
http://www.studiogiw.com/

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

【Amazon.co.jp限定】KORG M01【Amazon.co.jp限定】KORG M01
(2010/12/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る
KORG DS-10 PLUSKORG DS-10 PLUS
(2009/09/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。