Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カルネージハートエクサ』レビュー2

 
↑公式サイト
screenshot_0002.jpeg
 
↑私は開発中の場合、名前の横にXをつけています。今回はテスト機「TS」の開発中なのでTSX


前回第1回はこちら
 
カルネージハートといえば発売元のアートディンクでは、ファーサイドムーン(地球防衛軍)に続き、プログラムを組むことがメインで、あとは傍観するというアートディンクらしいゲームです。
  そのカルネージハートもPSPでは2作目の『カルネージハートエクサ』。決してメジャーなゲームではないと思うのですが、まだ続編が発売されているということで、コアファンがしっかりついていると感じます。
  最新作のエクサでは、既存ユーザーには驚きの設定が用意されていました。今までの完全自動の『自律型』に加えて、今回導入された『操作型』です。

  この『操作型』、エクサを触ってみるまでは、過去作品の裏技で、機体を自分で操作できることが、エクサでは標準仕様になると思っていたくらいだったのですが、違ってました。
  操作自体もプログラムを組むという懲りようだったんです。○ボタンを押したときに何をするか。人間の介入する割合を決めることができるようになりました。例えば、○を押したときに、『ビームを撃つ』という単発動作にするもよし、『一連の索敵後に射撃する』という連続ルーチンのスイッチにしてもよし。使い方はプレイヤーに委ねられました。なかなかおもしろいと思います。
 ただ『操作型』はアドホックでの対戦か、デバッグくらいにしか使わなくなるとは思いますが、ロジックを組むのに複雑になりがちな部分を、人が行うことで、プログラムの全体を把握しやすくなり、初めてカルネージハートをプレイする方でも、いい入門編になると思います。
 操作型でも勝てない自律型の構築は一つの目標になるのでしょうか。

  シュー・チーリン役の渕崎けけろさんが、解説メッセージも全部フルボイス化で収録されたので飛ばさない聞いてくれるといいな。ということだったので、はい!一字一句聞いてます^^






カルネージハート エクサカルネージハート エクサ
(2010/10/28)
Sony PSP

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。