Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売まであとわずか!
VAZIAL SAGA DX
初回特典付きの予約、めちゃくちゃいただいています^^ありがとうございます。
というわけで、この前伝えきれなかった部分を追加しました。
皆様の愚民ライフを楽しんでいただければ幸いです。


ヴァジアルサーガ~愚民化戦略 Deluxe~ヴァジアルサーガ~愚民化戦略 Deluxe~
(2010/08/06)
マグノリア

商品詳細を見る
追記分を含めた全文を見る場合はこちらをクリック
特報★この夏、人気戦略シミュレーションゲームを買い逃すな!!ヴァジアルサーガDX
http://wisder.blog73.fc2.com/blog-entry-460.html








公式サイト
VAZIAL SAGA(ヴァジアルサーガ)~愚民化戦略 Deluxe~




追記部分

流浪月人を部将にする方法をこの2人が解説… 


 当時、神王と同じく不老不死の存在で、第1世代と呼ばれていた月人の多くが、数百年もの間、自己を抑圧する精神的負担に堪えられず、精神崩壊を起こし、廃棄されていた。このような状況で月人不在神王に対しての月人補充が急務となっていた。…
 ここは皇陰国にある月人養成を行う場。ここには未来の月人を目指す月人候補生が、多く集っている…そんな中、一人の少女に焦点をあててみよう。少女の名は「未月(みつき)」という。そして主君の密命を帯び、この皇陰を訪れていた「リツキ」と出会うのである。


mituki ritsuki
未月(みつき)          リツキ

月人候補生・未月(みつき):「未月は想武様の月人になりたいの。2010年8月6日に発売されるデラックス版では、それが叶うって聞いたの。でも、ゲームをはじめても想武様の月人に、私がいないんですぅ~;」

月人・リツキ「未月さん。それほどまでに想武殿の月人になりたいのですか。」

未月「あ、第1世代月人のリツキ様!。」

リツキ「あなたはゲーム上では、部将として登場することになります。私やムーンムーム等、第1世代には戦闘能力はありませんし、常に神王様に付き従いますから、部将として戦場で活躍できるのはあなたを含めた、第2世代月人以降の特権かもしれませんね。私があなたを想武殿の元へ導いてあげましょう。」

未月「それは本当でございますか!?リツキ様ありがとうございます。でも、よろしいのですか?リツキ様。神王様のお側にいらっしゃらなくても…。」

リツキ「いいのですよ。私はその神王様の命で、今はこの皇陰に赴いているのです。気にしないでください。
未月、あなたはこの世界の創造神祇羽によって、流浪部将扱いでゲームに登録されているの。だから、いくら八卦の国を選択しても、最初あなたはいないのです。」

未月「え、では私はどこで何をしているのですか…?」

リツキ「詳しくはこの『スタジオギウ ボイスドラマVol3 盲目の結界神 想武』をお聞きなさい。」

リツキはボイスドラマを未月に手渡す。
←これがボイスドラマです^^

未月「…………あ!私の声!恥ずかしいなぁ。」
………しばらく聴き入る未月………
未月「そうでした!私月人候補生として、月人になるために修業に出ていたのでした。」

リツキ「そうです。だから八卦にはあなたはいないんですよ。分かりましたか?」

未月「はい!では私はどこで修業しているのでしょうか。」

リツキ「皇陰で修業したのち、あなたがどの地に出向いたか、それは私にも分かりません。」

未月「えー!;」

リツキ「ゲームを始めると【イベントフェイズ】で、各国に流浪部将が士官できる機会があります。」

未月「そうなのですね!わかりました。では行ってまいります!私頑張って想武様の月人にっ…」

リツキ「あ、未月、ちょっとお待ちなさい。あなたは想武殿の月人(部将)になるとは限らなくてよ。いつどの国に士官するかはランダムなのです。運がよければ想武殿の待つ八卦国に士官できるでしょうが。」

未月「月人になる道程は険しいんですね…;」

リツキ「そうですね…頑張っていい月人になってくださいね。それでは私は神王様の元に戻らねばなりませんので、ここで失礼させていただきます。月人巳月さんとお会いできることを楽しみにしていますよ。」

未月「リツキ様ありがとうございました。想武様待っていてください!早く立派な月人になりますから。」


ということで、今回第2、第3世代の月人を配下にすることが可能です。
 例えばボイスドラマでキャラクターの背景を知っていると、月人「巳月(みつき)」は想武の元で、月人「カルナ」はシュンケイ、月人「月亜」はアイヒミの元で仕えさせてあげたるなるかもしれません。
今回追加された、流浪月人を一度自国に士官させると、以後、新規スタート時に(絶対服従した)月人として一人だけ連れていくことができます。
例えば「巳月」を次回最初から配下部将として仕えさせようと思った場合、想武でなくても、どの神王プレイでも結構。「巳月」を一度でも臣下に加えればいいのです。臣下に加えたデータでクリアするか、ゲームオーバーになると、次回の新規プレイから「巳月」が最初から選択できるようになっているはず。
 想武の場合は、月人無しを選択してから、部将月人を連れていくのがドラマ通かもしれません。(ボイスドラマの設定上、想武には月人がいないため。)

 月人の選択は1人だけですが、流浪月人が士官してきた場合等、枠さえあればゲーム中に複数の月人を配下(いわゆるキルツヴァルド状態)にすることは可能です。

 ちょっと裏技っぽいのですが子孫繁栄フェイズでセーブしておき、イベントフェイズで、目的の部将が士官してこなければロードを繰り返す、という方法もあることはあります。
 新しい月人を配下にした時点でセーブ、タイトルに戻り【NEWGAME】を選択、新しい月人を配下にしてセーブ~を繰り返せば、すぐにとはいきませんが、結構早めに月人をコンプリートできます。それでもなぜか、連れていきたい月人に限って士官してこなかったりします;。(じっくりプレイの過程を重視して月人コンプリートを目指す人にはオススメしません。)
ヴァジアルサーガ~愚民化戦略 Deluxe~ヴァジアルサーガ~愚民化戦略 Deluxe~
(2010/08/06)
マグノリア

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。