Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fallout3
PS3日本版は海外版のバグは修正されているようです。
 
1ヵ月先行発売されたXbox360ユーザーさんがうらやましかったですが、PlayStation3でもこの自由度の高いRPGが発売されました。
 添乗員同行RPGではなく、自分で目的を見つけないと面白くない、レンタカー自由プランタイプRPGなのですが、そういうのが大好きなWisderさんにとって『Fallout3』はまさに神ゲーでありました。
 
●マニュアルより一部を加工して抜粋
 FALLOUT3についてより・・・
 「~何をするのも自由な世界。父親を捜す旅に出るのも良いですし、そんな事は忘れて、全く他のことを楽しんでみるのも良いでしょう。ガラクタで出来た今にも壊れそうな町へ向かって、様々なタイプの居住者に話しかけてもいいですし、いきなり発砲してから会話を試みてもかまわないのです。
 これが<Fallout3>の世界。
 これは貴方のゲームです。だから貴方のプレイしたいようにプレイして下さい。正しいプレイ方法というものは存在しません。この解説書に記載されているスキルや能力を集めて試してみてください。新しい戦闘システムV.A.T.Sも使ってみて下さい。
 貴方に何らかの課題が与えられたとき、その解決方法は必ずしも1つではなく、またその結果もいくつも用意されています。成功へと続く道は多く、どのように進んでもゲームはちゃんと終わります。しかし、どのような選択をしてとのような未来を迎えるかは、全て貴方と、貴方の分身であるキャラクターに委ねられているのです。~」
 
どうでしょうか?開発スタッフからのこのメッセージに心躍らされた方はお見えになりましたか?
 
 
●今プロローグが終わりました。
オブリビオンと同じように世界観&操作に関してのチュートリアルとキャラクターメイキングの意味合いを持ったプロローグが終わったところです。オブリビオンと同じ様に、脱出した時点でキャラメイクはやり直せたので、脱出前にセーブしておいた方が良かったかなと思います。
プロローグの時点で既に出来ることは多く、問題の解決には何通りにも用意されていることに気付きます。
 
 細かいところでびっくりしたのは、オブリビオンと違って膨大なテキストのほとんどが翻訳吹き替えとなっていること。売上回収できるのかこっちが不安になりますw
 
 舞台はアメリカ合衆国と中国との核戦争が起きた後のワシントンD.C.。とある核シェルターの中で生き延びた人類。シェルター内で医師であった父がいなくなり、父を捜す旅にでることがメインストーリーです。しかしメインストーリーを目指すかどうかはプレイヤー次第。メインストーリーを追ってもいいし、善悪どの道にも進むことができる。サブクエストも豊富でしかもエンディングは200種類あるとのこと。ワクワクしてきます。オフラインゲームで、ここまでやるには本当に大変だったでしょう。感謝です。
 
 
 
●国産RPGとよく比較される『Fallout3』
 私のブログでも2度ほど書いたと思いますが、今日本製RPGがJRPGと蔑称され、海外では評価されず売れない『日本製RPGの危機』等と題されちょっとした話題になっています。でも国産RPGには海外にない重厚なストーリー性が強みだと思っています。国産RPGで言えば、最近はPSP版『空の軌跡』をやってましたが、日本ファルコム独特のほのぼのとした感じ。一冊の本を読み終えた余韻。とてもおもしろかったです。他にも『ペルソナシリーズ』とか評価出来るゲームは多いです。
 海外RPGとの違いを書いている記事のリンク
 
 海外製と日本製の差を強調するために、今日紹介した『Fallout3』や『オブリビオン』がよく引き合いに出されます。対する日本製としては最近発売された『ラストレムナント』や『インフィニットディスカバリー』が比較対象に上がっていることが多いようです。そもそも広大な海外需要を求めてスクウェア・エニックスがXbox360で発売したこのRPG2本が海外で不発に終わったことがこの話題がちらほら見かけるようになったきっかけだと思いますが、なんかそういう風に書かれてしまうと世界に誇る日本のゲーム文化が衰退しているように感じてしまい寂しいものがあります。
 私は大好きなんですが、過去には国産RPG『キングスフィールド』や『ルナティックドーン』、『ロマサガシリーズ』『ジルオール』といった、ヒントが少なかったりして難易度が高い、自由度が高いタイプのゲームが出てもマニア向けと思われて国内では一般受けしません。日本ではドラクエとファイナルファンタジーの影響でRPGはこういうものだというイメージが浸透しているため、この辺りが国産オブリビオン系RPGが開発しづらい一因になっているのかもしれません。このタイプだと今月発売のPSP『ジルオールインフィニットプラス』来月発売、キングスフィールドのフロムソフトウェアさんのPS3『デーモンズソウル』に期待したいところ。
 国内ではミリオン当確のDS『ドラゴンクエスト?』、Wii『ドラゴンクエスト?』やPS3『ファイナルファンタジー??』といった主力勢がどれだけ海外で受け入れられるかは気になります。
一生遊べる1人用箱庭RPG PC版「ルナドン」はDL販売中!
ルナティックドーン 前途への道標

 私は元々『ティル・ナ・ノーグ』から始まり『ルナティックドーン』、『キングスフィールド』、『ウィザードリィ』等の、観客ではなく役者側として、プレイするごとに異なる過程を楽しみ、エンディングや目標は自分が作る(決める)タイプのRPGが大好きです。そういう方は『Fallout3』抵抗ないと思います。
 先程の理由からか国内のメーカーはこういったRPGをほとんど作らないので、こんなゲームもあったのかとカルチャーショックを受けたい方、気になる方は『Fallout3』に触れてみてはいかがでしょう。
 
ただひとつ、残念ながらこの『Fallout3』は残虐表現が含まれるZ指定のため18歳以上の方しか購入できません。(あと極度のゴキブリ嫌いの方もご注意下さいませ。)
ファンタジーRPG『オブリビオン』は17歳以下でも買えますので、『オブリビオン』でも国産に無い自由度が楽しめます。ぜひお試しください。
P.S.
過去、類似システムを使ってファンタジーから近未来へ全く違う世界観を表現したゲーム繋がりで、『マスターオブモンスターズFinal』→『ファイナルブレイカー』ってのを思い出しました。分かる人には分かる?
 

 

Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】
(2009/01/15)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る
Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】
(2008/12/04)
Xbox 360

商品詳細を見る
Fallout 3 (輸入版  北米)Fallout 3 (輸入版 北米)
()
Array

商品詳細を見る
フォールアウト 3 パーフェクトガイド(出版社:エンターブレイン)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。