Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今マンナンライフの蒟蒻畑だけが攻撃されるのは何ででしょうね。

一部では消費者のモンスターペアレンツ化という過激発言まで飛び出しているようですが、それだけ世間の認識と政府の認識がずれているということでしょうか。

この世から蒟蒻畑絶滅計画。この理不尽な政治的な決定はおかしいでしょ。子供・老人に危ないなら、蒟蒻・餅・ガム・パンなどのどに詰まる食材全ての販売を差し止めてください。何の為に注意書きがあるんですか?読まない消費者にも大きな過失はあると思います。

販売中止を進めている国会議員さんのお膝元の某製菓会社の類似こんにゃくゼリーが蒟蒻畑の代わりに陳列されているんだとか(ホント?地元では結構クリーンなイメージの人なだけに郵政の時以上にショッキングなニュースですね・・・)

・・・・・その話題(疑惑)を扱っているブログさん↓

野田聖子=蒟蒻効果=浪速製菓=マンナンライフ蒟蒻ゼリーSTOP 

販売再開を望む署名はこちらでおこなっているようですよ。

オンライン署名サイト「署名」http://www.shomei.tv/project-146.html

署名プロジェクトの詳細

こんにゃくゼリーを食べた子供や高齢者がのどに詰めてしまう事故が相次いだことを受け、厚生労働省の研究班が食品による窒息事故を調査したところ、もちやご飯、パンなど穀類が原因となるケースが半数を占めることが10日、分かった。

「65歳以上の老人と1歳~4歳の乳幼児にもち・パン・ご飯・すし・あめ・だんご・おかゆ・流動食・カップ入りゼリー・ゼリー・しらたきを食べさせると窒息死する可能性が高い」ということをより周知徹底することが先決であり、「マンナンライフ」に圧力をかけて「蒟蒻畑」を発売禁止にするのはお門違いです。「こんにゃく入りゼリー」を発売禁止にしても何も問題は解決しません。

コメント
この記事へのコメント
申し訳ないけど過失は裁判所で
商品に欠陥があったかユーザーの自己責任かは最終的には裁判所で決めます。
過去の判例からこのケースでは、このメーカーの過失です。
すでに三重県のメーカーへの訴訟でもメーカー責任を認めた和解案がでてますし、業界団体でも製品の表示方法に問題アリと表示の改善の必要性を認めています。

ネットの署名は残念ですが効力ありません。
マンナンライフへの損害賠償の額は数億円に上ると思います。
2008/10/25(土) 21:42:07 | どマンナン | #-[ 編集]
参考になりました。
はじめまして。時間を割いて丁寧にコメントしていただきありがとうございました。知らなかったことがたくさんあって参考になりました!

三重の頃はまだ一般的に蒟蒻ゼリーが危険という消費者の認識が確かになかったと思います。そのころの司法判断も正しいと私も思います。

しかし三重の一件から時間の流れと共に、蒟蒻ゼリーは餅などと同様、幼児・老人に与えることは窒息の可能性があるという認識が出来つつあり、またメーカーも注意書きや改良を行い、マスコミも大きく取り上げていました。

それなのにあえて与えて死亡させてしまった。また今回はそれを政治(利権?消費者庁の存在意義をアピールする為?)的な圧力が加わったことにより、それでもメーカーの責任なのか?さらに消費者庁がマンナンライフだけをつぶそうとしていることに対しての不信感が加わって、世論との大きな温度差になってこれだけ皆さんが取り上げている(例:http://zerodama.seesaa.net/article/107512404.html)のだと思います。

時間の経過での一般的な認識の変化が判例を覆すことはありうるのでしょうか??私は法律は詳しくないですが、裁判員制度も始まっていくことですし、それが判決に影響を及ぼすことがあるのか?興味があります。
個人的に過失割合造10:0消という判決が出たとしたらそれはおかしいと思ってますので。
2008/10/25(土) 22:49:47 | Wisder | #-[ 編集]
追記
ネットで署名を求めているのは、あくまで販売再開を企業と消費者庁に求めるものと思われ、被害者に対しての過失を求めるものではないので効果は無いことは無いと思いますが・・・・・
2008/10/30(木) 21:10:45 | Wisder | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。