Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









シュヴァルツシルトIII+IV XP対応 シュヴァルツシルトIII+IV XP対応
Windows XP (2006/04/07)
工画堂スタジオ

amazonこの商品の詳細を見る

「シュヴァルツシルト?+?」


 第1回目は工画堂スタジオ開発の宇宙を舞台にしたシナリオシミュレーションゲーム「シュヴァルツシルト?+?」を取り上げたいと思います。
 シナリオシミュレーション。このジャンルを開拓したのがこの宇宙を題材にしたスペースオペラ「シュヴァルツシルト?」でした。
 このころのシミュレーションゲームは少なからず信長の野望、三国志、大戦略の影響を受けていましたので、自軍の勢力が強大になる終盤は、他の勢力をひねりつぶしていく単調作業がどうしてもついて回ってきました。
 この終盤の宿命は「シミュレーション:模擬実験」である以上逃れられないのかもしれません。そこでメーカーさんはあらゆる手を使ってこの終盤の作業化をなくそうと今日も努力して見えます(たとえば最近ですとシステムソフトアルファーさんのインペリアルフォール2が終盤戦を総力戦にして工夫しています。)http://www.ss-alpha.co.jp/products/imperialforce2.html
 今回紹介のシュヴァルツシルトは、ゲーム中に「神の手」を入れたことで終盤まで緊張感のあるゲームを楽しむことが出来ます。
 シュヴァルツシルトは、ゲームの進行を緩やかなパートで区切ってフラグ管理し、特定のチェックポイントを達成するとあらかじめ用意されたイベントが発生して、次のチェックポイントへという流れで最後までゲームは進んでいきます。このシステム、どこかで体験したことはありませんか?・・・・そう、ロールプレイングゲームのイベントシステムです。シュヴァルトシルトでいう「神の手」とはRPGのイベントシステムをシミュレーションゲームに融合させたものだとお考え下さい。
シュヴァルツシルトはこのイベントとイベントの間は、かなり自由に艦船設計したり、外交などができます。
 シナリオや世界観も秀逸で、特に?と?は重要なストーリーが語られていますのでシリーズの中では一押しです。?の基礎的な世界観はシオニズムをモデルにしているので、あの国がモデルなのかなとかと思ったりすることもあるかと。最初の敵国は「ILO」という国です。(ちなみに?は冷戦時代の世界を彷彿させます。)
 Win版以降のシリーズはストーリー展開がなんとなしにマンネリ化してきたと感じているのですが、本作?&?は本当におすすめします。ただ「神の手」を嫌う方にはおすすめしません。


 今から10年以上前にPC98版として発売されていた?と?ですが、win版で一度復刻された後、今回XP対応として?と?がセットになって(さらに98版も同梱されて)発売されました。昔やったことがある方も、初めての方もいかがでしょうか?



== 「シュヴァルツシルト?+?」 ==
メーカー 工画堂スタジオ(http://www.kogado.com/html/kogado.htm
メディア Windows
ジャンル シミュレーションゲーム(シナリオシミュレーション)
発売日 2006年4月6日(リパッケージ)


またシュヴァルツシルト?&?(MSX2版)はプロジェクトEGGのサイトでダウンロード購入が可能です。(http://www.amusement-center.com/index.html








シュヴァルツシルト 5 真皇誕生 シュヴァルツシルト 5 真皇誕生
Windows (2003/11/07)
工画堂スタジオ

この商品の詳細を見る


 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wisder.blog73.fc2.com/tb.php/3-a3912c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。