Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ギレンの野望 アクシズの脅威」
戦略ゲーム「VAZIAL SAGA」以来、久々にこれは他の人にも教えたいという1本を手に入れました。
初代から逆襲のシャアまでのいわゆるアムロとシャアの時代のガンダムだけはガンダムシリーズの中で、断トツにこんなに長い間愛されているのか?その昔私の世界史の先生が言っていましたが、ガンダムは全勢力に正義があり、それが現在の世界の情勢に通じている。アニメやガンプラの設定等、大人の鑑賞にも堪えうるだけの世界観やリアルさを持っていると。要はただの勧善懲悪のアニメじゃなかったってことですね。なので、ガンダムはアクションゲームだけではなく「ギレンの野望」のような戦略シミュレーションゲームとも相性がいいのでしょう。
そんな「ギレンの野望」シリーズに、もう決定版だろうと自分では思う最新作がプレイステーションポータブル(PSP)で発売されました!
ガンダムファンにはたまらない初代ガンダムの時代からZ、ZZ、逆襲のシャアまでの時代を含む壮大なストラテジーです。
 
 
連載(になるか?)とりあえず日記風に第1回と第2回合併号
第1回 「届いたギレンの野望 アクシズの脅威 ~開封~」
ファーストインプレッションは・・・

amazonには珍しく新作が発売日に届きました。しかしamazonでゲーム買うと相変わらずメール便で届くので、在宅してても知らない間にドアの前に置きっぱなし。(オイオイ盗まれたらどーするねん。)

初回特典DVDはセガサターン版・PS版・PS2版の発売時のプロモ映像・新PSP版のプロモ映像・新PSP版戦略指南書(チュートリアル)でした。
これをひととおり見てから本編を立ち上げます。

基本的に事前情報はあまり頭に入れずに商品を手に入れるため(期待度が高まりすぎてがっかりしたくないので)、詳しい内容はマニュアルを読むまでは分かりません。今回は発売前に開発プロデューサーのインタビューを読んだだけです。開封してマニュアルを読んでみると基本的に前作PSP版ジオンの系譜を踏襲していることが分かりました。

最初に選択できるのは5勢力。地球連邦、ジオン公国、そしてジオンの系譜に比べてティターンズ・エウーゴ・アクシズが最初から選択できるようになりました。今選択できない勢力は残り8枠。全部で13勢力を操れるようです。(新規勢力だとロンド・ベルだとかかな?w)

今回はアライメントシステムでプレイヤーの行動によって悪に近づくとコロニー落しなどの残虐行動。善に近づくと各勢力からの援助を多く得られます。昼夜ができ、例えば夜だと地上戦のZ.O.Cがなくなるようです。

周りではムービー劣化・1枚絵差し替えで点数を下げているみたいです。これは評価が分かれるかもしれませんが、今までアニメーションだった部分(オープニングやイベント等)が1枚絵に差し替えられ、字幕と音声による説明に変わりました。しかし私は好意的に見ています。
これは、1.8Gの容量を持つUMDというメディアを使っても、動画ファイルを削らなければ全てが入らなかったと考えられます。みんながギレンの野望に期待しているのはこの部分ではないと思いますし、その分モビルスーツ、ifイベント、キャラなど、ゲームの質に容量を割いていると思います。ユーザーが求めるものはこのゲームの歴史の再現性だと思いますから、アニメーションに期待する人はちょっとがっかりするかもしれませんが、ここが不満だというユーザーの意見が出ることを分かりきった上で制作サイドはゲームとしての歴史の完成度を高める方向へ容量を注いだと勝手にフォローを入れたいと思います。私は今まで結構動画スキップしてたのと、イベント動画ってどうせ1回しか見ないもの。戦闘アニメすら自分はスキップしてますし。自身にとってはムービーあくまで「おまけ」なので、本作はそこに力を注ぎました的な販宣アピールが逆になくてよかったと思います。

それではつづきはまた明日やろう・・・
 
 
第2回「どうやら難易度が上がっている気がしますw」
<PSP版でギレンやると据え置き機ではできなくなります。>
ハード的な特徴もありますが、PSP版ギレン(系譜もアクシズも)が一番自分には合っています。ゲームの内容はさることながら、いつでもどこでも始められ、いつでもやめられるPSPのスリープモードの存在が大きいです。このおかげで通勤とかの短い時間でもギレンを楽しめます。TVの前に座って「さあ、やるぞ」と構えなくてギレンができることに感動したのを覚えています。
あとセーブロードは早いです。メモリスティックの容量の限りどんだけでも保存できます。
気になるアクセスは、旧PSPでもそんなに遅くないと感じているので(戦闘のスキップもできるし)許容範囲内です。

<外交コマンドがなくなった>
前作にあった外交が、アライメント制の導入によってと思われますが削られています。
アライメント制の善効果が中立勢力からの援助という、前作の外交効果と重なるのか、外交コマンドは無くなりました。
個人的には外交は好きで、外交次第でサイド6を無条件で通過できたり、収入が増えたり、臨時援助を要求できたりしたのでちょっぴり寂しい感じもします。
しかし、アライメント制の導入や国民からの臨時徴税というコマンドが追加されているためそう違和感はないですが、中立勢力に余りぎみの資源を援助して資金を要求するようなテクニックは使えなくなっています。

<ユニットの能力が変化してます。>
今回のPSP「アクシズの脅威」は、ユニット全般の生産ターンが短縮されたっぽいので、デプロッグとか2ターンかかっていたのが1ターンで生産できるようになりました。またデプロッグは射程ものびて使えるユニットになったりしています。コンピュータの思考ルーチンも改良され、バンバン攻めてくるので、物量に物をいわせればなんとか勝てていた連邦でも序盤戦はかなりつらいです。

<火事場泥棒戦法ができなくなりました>
今までは戦場で、隣接敵エリアへ移動するポイントに行き、その先に敵ユニットがいないと自動的に自分の領土にできました。ゲームのルールを利用した技でしたが、今回は戦闘マップから敵の隣接エリアに通り抜けできないように調整されたみたいです。防衛側は出来るので、防御有利になるようなバランスのための妥当な修正かなとは思います。

<ハリボテ戦法が通じなくなっているような気が・・・>
ジオンの系譜では敵はユニットの種類は関係なく数が多いとそのエリアに侵入してこないので、ハリボテ部隊で前線をしのぐことができました。しかし、今回はユニットの数以外のパラメーターで判断しているみたいです。ハリボテ部隊で守っていると簡単に攻められます。

<カスタム機は改造でユニット個別で対応化>
専用機や局地戦用のユニットの開発後の生産は、ユニットを個別に改造という方法に変わったようです。これはすでにロールアウトしているモビルスーツや戦艦などが改修できるということで、これは便利です。

<データベースが簡素化>
あと、データベースの説明文はない感じです。データベースを重視してる方はがっかりかも。

<これは気になった点>
戦場でユニットを選択すると、移動できるエリアが表示されます。ここでカーソルのレスポンスが若干遅くなります。意図的かシステム面の問題か分かりませんが、個人的には遅くならない方が良かったです。

<攻略本は3月下旬>
多分唯一の攻略本になりそうなエンターブレイン攻略本「アクシズの脅威コンプリートガイド」が3月下旬の発売の為、ifチャートが分からないです。「ジオンの系譜」の時代は前のチャートがそのまま使えると思うのですが、チャートはヤリコミ派には必要だと思うので、なるべく早く正確な攻略本欲しいところ(誤植は無しで)。
 
<裏技情報>
すでにご存知の方も見えるかもしれませんが、わざと(じゃなくても)本拠地を制圧されるとタイトル画面のメニューに「VERY EASY」モードが追加されます。
デフォルトゲームはなんとEASYモード。EASYでも結構ムズイですがw
 
<最後に・・・>
今のトコ、前作に比べて難易度が上がっているような感じです。
なので、ちょっとやり応えのあるゲーム性重視の方には間違いなくオススメ。
また、前作ジオンの系譜(PS,DC,PSP)をお持ちの方は前作をあえて売らなくて両方持っていればいいと思います。(データベースやアニメ関係は前作のギレンの系譜が上、PSP版系譜はシナリオ集が同梱されているので。)
ブライト・ノアファンの私としては、逆襲のシャアまでが自分のストライクゾーンのガンダムなので、好きな時代が全部入ったという感じで感動しています。 
 
 とりあえずざっとプレイしてみた感じです。これからしばらくやりこんでみるつもりですw

 

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威
(2008/02/07)
Sony PSP

amazon商品詳細を見る
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ギレンの野望・スペシャルパック(PSPL-90001)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ギレンの野望・スペシャルパック(PSPL-90001)
(2008/02/07)
Sony PSP
本体と同時購入ならこちら!
amazon商品詳細を見る

 

機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス
(2007/12/21)
鈴置洋孝、古川登志夫 他
最低でもこれを見てからゲームを!じゃないとまったくゲームがおもしろくないです。
amazon商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wisder.blog73.fc2.com/tb.php/230-cf534ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。