Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.Wisderと大戦略の出会い








蘇るPC-8801伝説 永久保存版蘇るPC-8801伝説 永久保存版
アスキー書籍編集部 (2006/03/14)
アスキー
PC88版スーパー大戦略他ソフト入り
amazonこの商品の詳細を見る


 私がSLGを始めたいと思ったのはゲームセンターあらしのPC教本「こんにちはマイコン」に紹介されていたゲームだと思います。
2つあり、1つは「森田のバトルフィールド」、もう1つは「珊瑚海会戦」。珊瑚海会戦はこの本ではなかったような気がしますが、当時私の周りでは将棋が流行しており将棋よりも現実的なゲームがPCで出来ると想像していました。しかし、森田のバトルフィールドはPC-8001では発売されておらず、珊瑚海会戦も要フロッピードライブで数十万もする投資が当時の私にできる訳がありませんでした。したがって両ゲームとも自分の頭の中でどんなゲームだったんだろうと未だに想像の域を超えていません。このシミュレーションゲームをやりたいとずっと思っていたのが、SLG好きになった発端かと思います。
ここから先大戦略と出会うまではいろいろな事があってからとなりますが、それは別の書庫で語るとして、最初の大戦略からお話しようと思います。
?「SUPER大戦略」MSX2版 ROM(S-RAMに保存) マイクロキャビン
 MSX2を手に入れた私がどうしてもやってみたいゲームが3つありました。1つは「信長の野望・全国版」、2つ目は「三国志」、3つ目にこの「SUPER大戦略」です。当時親に無理を言って信長を買ってもらい、三国志は友達にMSX版を譲ってもらいセーブはカセットテープに保存していました。「SUPER大戦略」は発売前に予約をしてまた無理を言って親に買ってもらった思い出のゲームです。
 MSX2版の「SUPER大戦略」は、思考時間が異様に長い!海軍が無い!と、やっていくと不満な点はたくさんありましたが、値段以上に何回も遊びました。思考時間については「・・・・」とドットでコンピュータの思考時間を表示するのですが、ドットが数分以上止まるとバグッた?リセットか?と思ったらドットが1つ増える。1ターンに1時間以上かかっていたので、勉強の合間に大戦略でした。
 初めての大戦略でしたが、兵器の名前や特徴を覚えることはすぐ出来ましたし、ルールも単純でした。最後の首都攻防になると、人民兵や歩兵を大量生産し首都を守るコンピュータの必死の戦術。ある意味今の大戦略より頭良かったかもしれません。
 当時MSX-FANという雑誌に掲載されていたBASICにマップ作成プログラムがありました。別売りのFM-PACを第2カートリッジに差込みデータを転送して使っていましたが、めんどくさくてエディットほとんどやりませんでした。ゲームは発売から3年くらいは結構稼働していました。
 このゲーム実はその後にFD版が発売され、戦闘が派手になり、生産タイプエディタ、マップエディタがついてとても悔しかったのを覚えています。
 もう今では保存用の電池も動かないだろうし、倉庫に眠ったままになっています。これからも倉庫に眠り続けるでしょう。

P.S.今でもEGGというサイトでこのMSX2ROM版のSUPER大戦略(Windowsエミュレート版)を手に入れることが出来ます。思考モードは高速モード追加で早くなってますYo。
http://www.soft-city.com/egg/catalog/list.cgi?mode=data&no=228










蘇るPC-8801伝説 永久保存版

蘇るPC-8801伝説 永久保存版
アスキー書籍編集部 (2006/03/14)
アスキー
PC-88版スーパー大戦略他入ってます!
amazonこの商品の詳細を見る



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wisder.blog73.fc2.com/tb.php/23-50109bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。