Wisderのゲームで脳トレ

ゲーム歴31年目の管理人が、ユーザー視点から余暇に楽しめるおすすめゲームを紹介しています。買うゲームに迷ったときに参考にして下さると幸いです。VAZIAL SAGA制作元StudioGIW最新作★キルツヴァルド★情報は随時更新!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11回「Zombie Vital(ゾンビヴァイタル)~迷宮の経営者~」(VC外伝)」

WisderはスタジオギウStudioGIW)」さんを応援しています!

ゾンビヴァイタル タイトル画面
↑タイトル画面です。

 Wisderがこのゲームに初めて出会ったのは100円ショップダイソーで何気に見たパソコンゲームコーナーで「ゾンビの迷宮」という名のゲームでした。見た感じとても地味で、昔のローグを思い出す敵のアルファベット表記。そのときは目には止まったものの購入はしませんでした。しかしそのとき買わなかったことが悶々とし、また100円ショップに行ったときには既に売り切れ入荷未定の状態でした。

 なんとかやってみたいと思いインターネットで検索したところ、「Zombie Vital(以下ZV)」というゲーム名でオンライン販売していることを知りました。そして100円ショップの「ゾンビの迷宮」はこの「ZV」の体験版的な位置づけで内容は使用制限にかかるもので、このオンライン体験版と大差ないことを知りました。それならタダだし、とりあえず体験版が無料DL(体験版は使用制限がかかっているだけなので、解除キーを入力すると製品版に変わる。)できるので試しにDLしてみることにしました。体験版をプレイして、明快なルールを理解し、すぐに製品版の解除キーをオンライン購入しました。

 ちょっとした時間の合間にもできるので、定期的に稼動しています。

 

△▼△▼ ゲーム内容 △▼△▼△

同社の発売しているRPG「ヴァスタークロウズ」の外伝の位置づけにありますが、世界観だけの共有でシステムはまったくの別物です。

自身はダンジョンのマスターとなり、ダンジョンを作り、ゾンビなどのモンスターを配置し、目玉商品となるアイテムを配置します。

目指すは最高のダンジョンの名声を得ることです。名声を得るには自分のダンジョンに来た冒険者がダンジョンから帰還後に評判を高めてくれるとあがっていきます。

 

ダンジョンを作成といっても、1フロアにつき3×3マスの9ブロックに入り口と出口を作るだけの単純なもの。ブロックの壁同士が接すると通路という扱いで、

 ■■

  ■

  ■■

↑このようなフロアは一方通行。

 

 ■■■

  ■

 ■■■

↑このようなフロアは迷路風

 

 ■■■

 ■■■

 ■■■

↑このような配置は大部屋扱い。

という感じです。単純なことがお分かりだと思います。こんなフロアを何層も作っていってダンジョンを作成していきます。

ダンジョンはいつでも増築や撤去が可能です。

ダンジョンが出来たらここにモンスターを配置し、場合によってはエサとなるアイテムを配置します。モンスターには大ボス、四天王を設定することが出来ます。

いろいろな冒険者がやってきます。ときにはパーティーを組んでやってきます。彼らはアイテムをゲットするとすぐダンジョンから立ち去ります。

出口までの間に阻止しましょう。

モンスターや冒険者の表記はサムライなら「S」、騎士なら「K」とコンピュータRPGの元祖「ローグ」ばりの文字表記です。これが以外に想像力をかきたてるので、字だけというのはあまり気になりません。

 

非常に画面がシンプルな分、テーブルトークRPGのように想像力が豊かであればあるほど楽しめると思います。

体験版をDLして是非このゲームに触れてみてください!

ゾンビヴァイタル ゲーム画面
↑これがメイン画面。文字ばかりだけどそんなに難しくない。 ゲームをやってるとそのうち文字が映像に見えてきます。画面のダンジョンの階は逆コの字型の一方通行です。

 ゾンビヴァイタル ゲーム画面その2
↑敵を倒してレベルアップしたときの画面です。 

2004年ベストオンラインソフト受賞記事http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/041229/n0412291.html

・ベクターズゲームレビューhttp://www.vector.co.jp/games/review/1007/1007.html




スタジオギウ」とは?

スタジオギウさんはDL販売のため、PCショップで販売していないので知らない方も多いと思いますが、この販売方式をとっておられる理由をスタジオギウさんのHPから抜粋させていただきました。

・通常の市販ゲームの場合、「開発費+CD&パッケージ代+流通代」等で、実売7000円前後で売られています。
・ダウンロード販売なら「開発費+振込み手数料」だけなので、市販ゲームの1/3の価格で販売する事が可能です。
・制作側は、低予算でゲームの開発&販売ができ、ユーザー側は、安くゲームを購入する事ができます。
この「インターネットでのゲーム販売」という仕組みが、あたり前の事となる様、努力していきたいと思います。
まずは公式サイトをのぞいて見てください。この「ゾンビヴァイタル」以外にもオススメしたいソフトがたくさんありますので。全てのソフトは買う前にかなりの部分を無料で体験できます。お試し(といってもかなり遊べますが)DLしてみて、自分に合えば解除キーを購入して完全版としてください。

画面の著作権は全て© StudioGIWスタジオギウ) © M.Sekiyaに帰します。

studiogiw.gif
↑公式サイトリンクバナーです↑


スポンサーサイト
Google Earth(グーグルアース)がおもしろい

 

ゲームじゃないんですが、衛星画像で地図を見ることのできるソフト「Google Earth(グーグルアース)」がおもしろいです。最近日本語版がリリースされましたので話題になっています。

Wisderの家も分かるくらいの縮尺で閲覧することができます。(都市部から対応しているのか、地域によってはまだ対応していないエリアもあります。)

世界を見ることができるので、世界の名所を探してみたり、擬似旅行なんてしてみたらどうでしょう。一度起動するとあっという間に時間が過ぎていることもあります。

 DL後はキーワードか緯度経度を入力して一発でその地点にいけるのですが、ピラミッド(29.976,31.130)などどこにあるのか分からない方は、そういう場所について緯度経度をまとめていらっしゃるサイトもあるので「GE 緯度」などの検索をかけて世界の名所を登録してみてください。

無料でDLできますのでまだ試していない方はぜひどうぞ。日本語版です。

日本語版公式DL先→http://earth.google.co.jp/

whole.jpg

また参考となる書籍もいくつか発売されていますので下記に紹介させていただきます。







Google Earth で地球を旅するガイドブック Google Earth で地球を旅するガイドブック
郡司 裕之 (2006/10/18)
技術評論社

amazonこの商品の詳細を見る










GoogleEarth完全ガイド 自分でつくる世界地図 GoogleEarth完全ガイド 自分でつくる世界地図
グーグルアース徹底研究会 (2006/09/01)
青春出版社

amazonこの商品の詳細を見る








地球を新体感!Google Earth入門 地球を新体感!Google Earth入門
阿久津 良和、オンサイト 他 (2006/09/14)
翔泳社

amazonこの商品の詳細を見る

 
無線LANのすすめ

うちはケーブルで繋いでるから無線LANなんて必要無い方、無線LANなら以下の特典があるんです。


?セキュリティ能力

お宅のPCは青いLANケーブルが電話線と直結していませんか?これでは外からPCが丸見えです。対ウイルスソフトを使って見える方でも侵入・遮断についてのメッセージがよく表示されると思います。通常無線LANにはデータをそれぞれの子機に振り分けるルーター機能があります。いわば家に柵を作って、家族しか家に入れないようにするので、不正侵入が格段になくなります。無線LANといっても有線接続も今まで通りできるので、無線使わない人でも一考の価値有りです。


?携帯ゲーム機との連動制PSPも対応


DS

ソニー『プレイステーションポータブル“PSP”』や任天堂『NintendoDS(Lite)“ニンテンドーDS”』は無線LANに対応しています。NintendoDSについては、無線LANの【WiFi】モードを使用することで対応ソフト(テトリス、マリオカート、メトロイド、どうぶつの森、スターフォックスなど)で世界各地のプレイヤーと対戦することができます。

 携帯ゲーム機はNintendoDSだけしか使わない人はUSB差込みタイプの【WiFi】アダプタが3千円台で販売しているので?の機能はないですが、これを使うと安くすみます。

PSPはパソコンと非常に相性がよく、アップデートなどはLANでやった方が速いし、インターネットブラウザやゲームの追加要素のダウンロードやアップロードなどPSPはパソコンと連携しないとPSPの能力を最大限引き出せないので最低USB接続環境、可能なら無線LAN環境で活用することをおすすめします。

PSPもNintendoDS両方持って見える方は、無線LANアダプタの購入をおすすめします。

Wisderが使っている無線LANアダプタはバッファロー社【WiFi対応】【AOSSモード搭載】で初心者でも設定が簡単です。LANアダプタ側で押すボタンは1つだけ。携帯ゲーム機も【AOSS】モードを選択することで自動で設定してくれるので人間がやることはほとんどありません。

PC用子機にはPCカードスロット用、USBスロット用がタイプが用意されています。親機とセットになっていますので自分に合った子機を選んでください。

 また安く済ませるならDS同様、USBスロットに差すだけのタイプも発売されました。これはPSP、DS両方対応しています。(画面一番下のです。)


?次世代ゲーム機への対応


 ソニーPS3(60G)」任天堂Wiiのネットワークでは無線LAN対応で、PS3用ソフトの追加データやPSPのゲームをダウンロード購入できたり、旧機種ゲームをダウンロードできる手段になる予定とのことですので、今後次世代ゲーム機を購入検討されている方は無線LANの導入の検討されてみてはいかがでしょうか?


 


紹介した無線LANアダプタは下に紹介しておきます。参考にして下さい。

ナイツオブオナー 日本語版」廉価版本日発売!


1国の王となり隣接する国々を淘汰し、広大なヨーロッパの統一を目指す、帝国征服歴史シミュレーションゲーム。


征服と対立が蔓延していた中世ヨーロッパの勢力を忠実に基づき完全再現。刻々と変化していく状況を瞬時に判断し、内政、外交、経済、婚姻、戦闘を巧みにこなし、ヨーロッパ全土の皇帝となるべく覇権を争います。


 2005年の春に発売されて人気になった「ナイツオブオナー」。本日3800円で廉価版として再販されました。マニュアルは省略されず冊子付です。本日店頭を回ってみたのですが、7店舗中2店舗に在庫があり、それぞれ1個ずつ。そんなに数は店頭で出ていなかったので、もし店頭で買えなければ下のリンク(amazon)から購入できますのでご利用ください。


 要求スペックは比較的低め(CPU1.OGHz、RAM256M、VRAM16M)なので、最新のPCを持っていなくてもノートPCでも動きます。(ノートはグラフィックボードがチップ内臓、メインメモリと共有は保障対象外です。)


世界史好きなら間違いなくオススメですよ。後日「宝箱に入ったオススメ」のページでも詳しく紹介します。










BestSelectionofGAMESナイツオブオナー BestSelectionofGAMESナイツオブオナー
Windows XP (2006/10/13)
ズー

amazonこの商品の詳細を見る


 

自由設計で建てる「デザイーナーズマンションダンジョン

第10回「クロニクル オブ ダンジョンメーカー」

 

*** ダンジョンを造るゲームの歴史 ***

 過去プレイヤー側が悪の側に立ち、ダンジョンや建物を設計作成し、そこに敵(冒険者)を呼び込み倒していくというゲームはいくつかありました。直接は関係ないのですが「ウィザードリィ4」で、自分が迷宮の大ボスの立場という設定がこのダンジョン経営ゲームというジャンルの大元のヒントなのかなと思います。

国内ではあまり有名にはなりませんでしたが、PC98の時代に既にソフトプランの「キングスダンジョンというゲームが既に存在していましたし、国外ではその後しばらくしてキングスダンジョンに良く似ていますが「ダンジョンキーパー」という有名作があります。また、類似作としては、テクモのプレイステーション用ソフト「刻命館」も館にやってきた冒険者等(エサ)をトラップで捕獲していくというものでした。

最近では、2004年にWindowsでゾンビヴァイタルという知名度の高いダンジョンを作り上げるダンジョン経営ゲームが人気になりました。(DL販売なのでお店や通販では売ってません。名作なのでこちらで→後日詳しく紹介します。)

 そして、今回同ジャンルのゲームとしてPSP(プレイステーションポータブル)でタイトーから発売された「クロニクル オブ ダンジョンメーカー」が発売されましたのでこのソフトを紹介したいと思います。

 

*** どんなゲームなのか? ***

 今回「クロニクルオブダンジョンメーカー」でプレイヤーが担当するのは「悪」の側ではなく、町の土地にダンジョンを建設していくというダンジョンメーカーの男性を操作します。モンスターが住みやすく喜ばれるダンジョンを設計して建設し、そこに住み着いたモンスターを狩っていき、最終的には魔界の大物を呼び込み(居住してもらい)狩るのが目的となります。(建設して住んでもらうまではシムシティみたいなイメージですね。)

ジャンル的におおきなくくりとしてはRPGですが、戦闘時はアクション、ダンジョン作成時はシミュレーションっぽい感じです。


 ゲームのパートは大きく2つに分かれています。

1.町での行動(非リアルタイム)

  町にはいろいろな施設があります。城、武器防具屋、魔法販売店といったおなじみの建物に、手に入れたアイテムや倒した敵を見ることのできる博物館、自宅もこの町に存在しています。   このゲーム特有の施設として「建材店」の存在があります。この建材店でダンジョンを作成する際のチップや内装や壁紙を変更する材料を販売しています。建材店で購入した材料を使って、町外れにあるダンジョンを自分の好きなように自由設計していくわけです。

自宅では倉庫でアイテム管理をするほかに、食事と睡眠があります。このゲームのプレイヤーにはレベル(経験値獲得によるレベルアップ)という概念はありません。倒した敵の数で城から称号をもらえますが、直接的には食事によってプレイヤーのパラメーターを上げていくことになります。これを毎日繰り返していくことでだんだんパラメーターが上がっていきます。

食事にはいくつかのメニューがあり、最初のうちは少ししかメニューが用意されていないものの、人に教えてもらったりしてメニューを増やしていきます。メニューには材料が必要で、町で購入できるものと、ダンジョン内で狩った獲物が材料になります。獲物を材料に組み込むとパラメーターの上がりがよくなります。食事は1日1回のみできます。

睡眠はこのゲームで時間を経過させることのできる唯一のコマンドです。1日に行うことを終えたら睡眠をして体力を回復し、次の日に進むことができます。セーブもこのときに行えます。

 

2.ダンジョンでの行動(アクションパート)

  初めてダンジョンに入ったときには、スタート地点以外何もありません。自分でダンジョンを作成していかないといけません。ダンジョンには敵もいないので、最初に少しの材料を持っているので、少しの通路、部屋を作成して1日目は終了します。

 すると、2日目から少しずつモンスターが住み着いてきます。モンスターとの戦いはアクションです。そんなに難しい操作ではなく、物理攻撃なら○(特殊攻撃△)、投射攻撃は×、魔法はR+△と非常にシンプルです。ただ武器によって特殊効果があったり、攻撃速度、効果範囲が多彩で考えて戦わないとすぐHPを削がれてしまいます。また戦闘時の効果を高める「根付」とよばれる装備品があって、敵の落とした特定のアイテムを使って強化していく楽しみもあります。

ダンジョンは行き止まりで△ボタンを押して、好きなチップを置いて好きなようにマップを作っていきます。直線、三又、4方交差、大部屋等…。作った通路や部屋には飾り付けをして、モンスターに住み着いてもらいやすくしておきます。

プレイヤーは、この住み着いたモンスターを狩っていき、お金やアイテムを取得していき、町で不要なアイテムを売って所持金を増やし、建材店で資材を購入して、ダンジョンを広げていくことを繰り返していきます。

 

3.サブイベント

 このゲームでは町の人からいろいろ頼まれることがあります。あるモンスターを倒して欲しいとかアイテムを取ってきてくれだとかというクエストがあります。最初のうちのクエストはルールの説明を兼ねています。(説明は説教じみておらず、またあそこに行けとかというお使いイベントでもないです。実際自分でいろいろ試さないとクエストは達成できないので自然にルールを覚えることができると思います。)

 

4.友達の作ったダンジョンを交換できる。

 マップ上には遺跡があり、友達の作った自慢のダンジョンをもらうことができます。

 

PSPを持っているならぜひプレイしてもらいたいタイトルです。

あなたはモンスターに気に入られるダンジョンを作り上げることができるでしょうか?

ぜひ挑戦してみてください。


Wisderこれにハマリすぎて腱鞘炎になってしまい、2週間ブログ更新できませんでした。

追記:このゲームに続編が発売されることに!ハードはPSPです!









クロニクル オブ ダンジョンメーカーII クロニクル オブ ダンジョンメーカーII
Sony PSP (2007/12/06)
グローバル・A・エンタテインメント

amazonこの商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。